遅咲きせどらーが幸せをつかむ!!

AmazonのPSE問題について(内容確認)

松の助
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松の助
会社に1日14時間勤務しながら副業で毎月30万円以上稼いでいます。 楽しみながらお金を稼ぎましょう!!

こんばんは!松の助です!!

 

今せどらーの間で大きな問題となっていることがあります。

 

それは一通のAmazonからのメールに始まりました。

 

家電せどらーを脅かすような内容でしたのでシェアしますね。

 

Amazonから送られてきたメール

 

まず送られてきたのがこのメールです。

 

出品者様

平素よりAmazon.co.jpにご出品いただきありがとうございます。 
このメールは、審査を必要とする製品を販売されている出品者様にお送りしています。当サイトは、お客様に安全、快適にショッピングを楽しんでいただけるよう常にサービスの向上に努めております。この度、その一環として、当サイト上で出品されている対象商品について、法令が定める安全要件を満たしていることを確認するため審査を行うことになりました。 

対象商品を引き続き出品する場合は、本メールを受け取られたメールアドレスから、担当窓口宛に以下の情報を期限までにご提出ください。期日までに情報をご提出いただかない場合は、対象商品の出品は取り下げられますのであらかじめご了承ください。なお、本日より新規に登録をされた対象商品に対しては猶予期限なしで本日から安全要件が適用されます。

対象商品:
ヘアドライヤー
ヘアドライヤーとは、熱源をモーターとファンにより発生させた風を通して冷やすことで発生する温風を利用し、濡れた頭髪を乾燥させる器具をいいます。

ヘアアイロン
ヘアアイロンとは、熱源となる構造体に髪を挟む、又は巻くことで、髪型を変えるために使う器具をいいます。

本商品をAmazon.co.jpで販売することを希望する場合、特定の認定基準を満たす必要があります。以下の情報および書類を以下のEメールアドレス(担当窓口)に送信して申請する必要があります。

期限:2019年6月28日
担当窓口:jp-electronics-safety@amazon.co.jp

 

この時点で多くのせどらーの中でヘアドライヤーとヘアアイロンは出品できないものとの認識になりました。

 

本商品をAmazon.co.jpで販売することを希望する場合、特定の認定基準を満たす必要があります。以下の情報および書類を以下のEメールアドレス(担当窓口)に送信して申請する必要があります。

 

この文面ですね、この書類ですがたいていせどらーレベルでは用意できないものを要求してきます。

 

1.      会社名 
2.      出品者ID
3.      Eメールアドレス 
4.      電話番号 
5.      出品を申請(または販売の継続を希望)するASINのリスト 
6.      ASINごとに以下の書類を提出してください(添付する文書のファイル名にASINを含めてください)

特定電気用品以外の電気用品(PSE)
1.      電気用品製造事業届出書もしくは電気用品輸入事業届出書の写しこの書類には、経済産業省(METI)の受領印が押印され、型式の区分表が記載されている必要があります。
2.      定格銘板(PSEマークが付されている箇所)の写真(PSEマーク、届出事業者名、定格電圧などが読み取れること) 
3.      定格銘板に経済産業省へ届け出た事業者名とは異なる名称(略称)を表示する場合、経済産業省から承認を受けた際の根拠となるもの
4.      すべての完成品の自主検査記録

注意: 審査状況によっては、追加で書類提出をお願いする場合があります。あらかじめご了承ください。
注意: なお、上記情報の提出をもって、出品者は提出した情報が真正かつ正確であることを表明し保証したものとみなされます。上記表明保証に違反した場合、出品権限が剥奪される場合がありますので、ご了承ください

 

順に見ていきましょう

 

1.      会社名 
2.      出品者ID
3.      Eメールアドレス 
4.      電話番号 
5.      出品を申請(または販売の継続を希望)するASINのリスト 

 

1~4は自分の情報ですので問題ありません。

5も売りたい商品をリスト化するだけなのでオッケー。

 

特定電気用品以外の電気用品(PSE)
1.      電気用品製造事業届出書もしくは電気用品輸入事業届出書の写しこの書類には、経済産業省(METI)の受領印が押印され、型式の区分表が記載されている必要があります。
2.      定格銘板(PSEマークが付されている箇所)の写真(PSEマーク、届出事業者名、定格電圧などが読み取れること) 
3.      定格銘板に経済産業省へ届け出た事業者名とは異なる名称(略称)を表示する場合、経済産業省から承認を受けた際の根拠となるもの
4.      すべての完成品の自主検査記録

 

はい、もう頭痛いです。見るのも嫌になりますねw

 

電気用品製造事業届出書もしくは電気用品輸入事業届出書の写し

 

物販やってる個人事業主に電気用品製造事業届出書なんてあるわけありません。

 

②定格銘板(PSEマークが付されている箇所)の写真(PSEマーク、届出事業者名、定格電圧などが読み取れること)

 

これは写真撮ればいいので何とかなります。

 

でもAmazon的には①の電気用品製造事業届出書に書いてある事業者名と照らし合わせたいんでしょうね。

 

③定格銘板に経済産業省へ届け出た事業者名とは異なる名称(略称)を表示する場合、経済産業省から承認を受けた際の根拠となるもの

 

これも②と似ていますが定格銘板に届け出た事業者名とは違う名称を表示するなら承認受けた証明してねってことかと。

 

④すべての完成品の自主検査記録

 

これ・・・工場でやるやつじゃないですか!!

 

自主検査をクリアした製品が世に出回るんじゃないのか!?

 

ちなみに経済産業省のホームページに詳しく書いてあります。

 

自主検査とは

 

現段階ではどうなるかわからない

 

この要件クリアできる販売者いますか?

 

個人的にはAmazonが国からなんか言われてとりあえず形だけでもメール送ってきたんじゃないかなー?と考えています。

 

Amazonにはメールで質問を送ったので回答がわかり次第またお知らせします。

 

この手の変更があるたびにこのままでいいのかな?と少しは考えさせられますね。

 

手数料にしろ規制にしろ自社サイトで販売してない限りどこかで着いて回るのでこればっかりは仕方ないです。

 

こんなときこそ慌てずに行動しましょうね!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
松の助
会社に1日14時間勤務しながら副業で毎月30万円以上稼いでいます。 楽しみながらお金を稼ぎましょう!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です